OUR MAN IN PARIS

OUR MAN IN PARIS Dexter Gordon

Recording 1963

Label BLUE NOTE

4曲目に収録されているStairway To The Starsで聴けるパウエルのピアノは、夜、間接照明に照らされた薄暗い部屋でストレートのお酒を嗜みながら聴きたくなる。

淡くもなく、初々しさもなく、その場のムードに流されてしまうような、そんな大人な時間を想像してしまう魅惑的で色気のあるアドリブ。

やっぱりパウエルは曲の雰囲気に合わせたアドリブが上手…というととても軽い表現になってしまうのだけど、その曲が持つ雰囲気を自身の中に取り込み、解釈し、そして聴き手の耳を、心を一気に掴んで離さない熱量・気迫・表現力で提示してくるあの演奏を聴くと唯一無二の存在なのだと、聴くたびに実感させられるのであります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました