BALLADS

BALLADS John Coltrane

Recording 1961,1962

Label Impulse

それはまるで不器用な男性の心の内を見てしまっているような。

その高音は私には、やりきれなく、もどかしく聴こえる。

(どうしたっていつも上手くいかないや…) そんな言葉を素直に音にしたようなアルトを吹かれてしまうと不器用な私は共感しかないわけで、(そうだよね。人生っていろいろあるよね。)と、自分と重ね合わせて聴いてしまうし聴かずにはいられない。

なんだか上手くいかなかった日に、なんだか自分に嫌気がさした日に、なんだか人ではない何かに寄り添って欲しい日に、そんな日に部屋に篭って1人で浸りたいアルバム。

コメント

タイトルとURLをコピーしました