breakin’ it up

breakin’ it up Barry Harris

Recording 1958

Label Argo

適度な緊張感の中で紡がれるフレーズの数々。

ゆったりと、横になりながら、全身の力を抜いて体の中にハリスの音色を巡らせる。巡らせたくなる。

小細工がない演奏だからこそ、それは自然と体の中に流れ込んできて、私の耳は勝手にフレーズを追い始める。

飽きが来ることも気持ちが緩みすぎてしまうこともない、上品な空間がそこにはある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました